Top >  古今亭志ん朝の世界

古今亭志ん朝の世界

日本の落語界は本当に惜しい人を亡くしました。 今生きていたら生前の円生に匹敵する存在になっていたでしょう。

古今亭志ん朝の世界一覧

すべては道楽から・・ 飲む・打つ・買う、の3ドラ煩悩(ぼんのう)

落語が描く世界では、男には三つの道楽があって、これを極めるのは男の甲斐性、という...

すべては道楽から・・ 飲む・打つ・買う、の3ドラ煩悩(ぼんのう)の続きを読む>

真景累ヶ淵(しんけい・かさねがふち) 「豊志賀の死」

落語の演目というのは、全てがオチのある滑稽な内容という訳ではなく、オチのある「滑...

真景累ヶ淵(しんけい・かさねがふち) 「豊志賀の死」 の続きを読む>

おかめ団子 (人情噺)

地味な演目かもしれません。 人情噺としては親孝行ストーリーなのですが、盗みに入っ...

おかめ団子 (人情噺)の続きを読む>

親子酒 ~ 金原亭馬生

志ん朝の実兄にあたる金原亭馬生もまた稀代の名人のひとりでした。 親子酒。 見事で...

親子酒 ~ 金原亭馬生の続きを読む>

古今亭志ん生を語る

師匠であり、実父である大名人、志ん生について語っています。 噺の中では語れない素...

古今亭志ん生を語るの続きを読む>

古今亭志ん朝

5代目古今亭志ん生を実父に、実兄は10代目金原亭馬生という、正にサラブレッドとし...

古今亭志ん朝の続きを読む>

 |  トップページ  |  次のカテゴリ「演目」へ >


カテゴリー