Top >  演目 >  百川 (ももかわ)

百川 (ももかわ)

落語に登場する憎めないキャラクター「知ったかぶり」の若衆と、純朴な使用人、百兵衛(ひゃくべえ)が織りなす抱腹のやりとり。

手元に円生のバージョンもありますが、知ったかぶり野郎を中心とした「河岸(かし)の若いモン」の描写はヤッパリ志ん朝ならでは。

百兵衛のことを、てっきり交渉に来た大親分だと勝手に思っていた若衆が、それが誤解だったと分かる瞬間、

「おい、ちがぁうよぉ~」の一言で客席はどっと沸きます。 思っていた様な親分でもなんでもな~いじゃん、と分かるこの瞬間の描写がこの演目の一番の聴きどころ。

この話、実話を元に作られているそうですが、どこの部分が実話なのか想像しながら聴くと面白いですね。

私は、最後のオチにつながる、常磐津の先生と医者を間違えて呼んでくるという下りは、創作かなぁ、と勝手に思っています。

蛇足ながら、発売されているCDの方は、あの名作「芝浜」とのカプリングなのが嬉しいですね。

 

 <  前の記事 品川心中  |  トップページ  |  次の記事 太鼓持(たいこもち)  > 


カテゴリー