Top >  落語に教えてもらった日本語 >  しくじる

しくじる

何か失敗したときに、「しくじった」と言いますが、この言葉には人からの信用を失うという意味もあるんですね。

【しくじ・る】

①失敗する。しそこなって目的を達成しない。「試験に―・る」

②過失などによって解雇されたり、出入りを差しとめられたりする。また、機嫌をそこねる。」

 誹風柳多留(4)「御妾が何を告げたか―・らせ」。「得意先を―・る」

(広辞苑)

 

これを知ったのは志ん朝の噺からでした。

太鼓持が、「旦那をしくじった」・・・なんてことを言って今の窮状を訴えたりしています。

今の営業で言えば、「デキン=出入り禁止」の状態ですね。

 <  前の記事 おかめ団子 (人情噺)  |  トップページ  |  次の記事 いい若いもん  > 


カテゴリー