Top >  落語まめ知識 >  出囃子(でばやし)

出囃子(でばやし)

志ん朝は「老松」、小三治は「二上がり鞨鼓(にあがりかっこ)」

さて、なんのことでしょう?

それぞれの名人のための出囃子(でばやし)の曲名ですね。

落語家の出囃子(でばやし)とは、落語家が高座(=舞台)に上がる際に、いわゆるBGMとして流れる音楽のことを言います。

レスラーがリングに上がる時の音楽と意味的には同じです。

落語家ごとに曲目が特定されているので、通の客は曲を聴いただけで、出てくる落語家がわかることになります。

例えば「野崎」の出囃子がかかると「春團治だぁ!」「黒門町だぁ」と湧き立つし、「梅は咲いたか」は、春風亭柳好が存命時は、この出囃子で「柳好だ」、「柳好だ」とざわめきと拍手が起こって寄席の雰囲気を盛り上げたといいます。

昔は上方落語(大阪の落語です)のみで出囃子をかけていましたが、大正期になって東京でも出囃子が取り入れられるようになりました。

演奏に使用されるのは主に三味線、太鼓、笛、当り鉦(かね)など。演奏する人のことを下座(げざ)、お囃子(はやし)と呼んだりします。

東京では、三味線は専門の下座演奏家(全員女性)が担当し、笛と太鼓は前座(修業中の下っ端です)の落語家が演奏します。

上方落語で、落語家なのに落語をせずに下座でおはやし演奏のみを行う者を「ヘタリ」というそうです。

出囃子の曲について(WikiPedia より)

一般的には、落語家自身の雰囲気や芸風にあわせて下座が決める。長唄を元とする事が多い。出身地に因むものや、自身の歌っている曲を元とする事もある。前者の例として林家こん平の『佐渡おけさ』、後者の例として桂雀三郎の『ヨーデル食べ放題』がある。

近年では、二つ目に昇進する時に、落語家の側から出囃子の曲をリクエストすることもある。出囃子を持つことが出来るのは二つ目以上である。

出囃子を専門にして長い下座は、落語家の所属団体に関係無く、出囃子を一通りこなすことが可能である。

しかし下座を担当して間もなかったり、あるいは地方の落語会で地元の人に演奏を頼む場合になると、あまり有名でない曲や、その落語家しか使っていない長唄や、洋楽やポップスなど長唄以外の曲を出囃子にしている落語家は、有名な長唄を代用曲として演奏してもらうことなる。

前者の例として三遊亭好楽が普段は『づぼらん』だが代用に『元禄花見踊り』、後者の例として三遊亭小遊三が普段は『ボタンとリボン』だが代用に『春はうれしや』などがある。その下座が演奏可能な範囲から別の選択をする場合もある。


【主な出囃子】

<<江戸落語>>

青い目の人形:2代目快楽亭ブラック

吾妻八景:4代目柳亭市馬

あの町この町:立川左談次

あほだら経:3代目桂文生・桂南なん

菖蒲浴衣(あやめゆかた):2代目桂小文治・林家彦六・春風亭一朝・9代目林家正蔵

阿波踊り:林家しん平

一丁入り:5代目古今亭志ん生

梅の栄:柳家喜多八

梅は咲いたか:3代目春風亭柳好・6代目柳家つば女・9代目春風亭小柳枝・立川志の輔

越後獅子:古今亭志ん輔

圓太郎囃子:8代目橘家圓太郎

老松:3代目古今亭志ん朝

お江戸日本橋:3代目三遊亭遊三

お兼晒し:柳家花緑

お猿のかごや:五明樓玉の輔

お前とならば:5代目春風亭柳昇・5代目鈴の家馬勇・入船亭扇治

官女:三遊亭圓丈

勧進帳:三笑亭可楽(8代目・9代目とも)・古今亭菊丸・三遊亭歌武蔵・6代目蝶花楼馬楽

木曽節:6代目月の家圓鏡

ぎっちょ:林家たい平

ぎっちょんちょん:柳家小ゑん

串本節:夢月亭清麿

鞍馬:10代目金原亭馬生(晩年は『一丁入り』を使用)・金原亭伯楽・立川談春

鞍馬獅子:柳家さん喬

檄!帝国華撃団:三遊亭とん楽

元禄花見踊り:5代目三遊亭圓楽・三遊亭楽太郎・三笑亭夢丸

鯉:瀧川鯉昇

金毘羅船々:4代目桂米丸・3代目柳家権太楼

さつま:4代目三遊亭圓遊・5代目春風亭柳朝

佐渡おけさ:林家こん平

さわぎ:春風亭小朝・桂歌春

三下がり中の舞(さんさがりなかのまい):8代目三笑亭可楽

三下がり鞨鼓:橘家文左衛門

舌出し三番叟:7代目むかし家今松

三味線ブギ:川柳川柳

正札附(しょうふだつき):6代目三遊亭圓生・三遊亭圓彌

序の舞:5代目柳家小さん

新曲浦島:6代目三遊亭圓窓

づぼらん:三遊亭好楽(または『元禄花見踊り』)

せり:春風亭柳橋(6代目・7代目とも)

大漁節:桂歌丸

つくま:桂三木助(3代目・4代目とも)

デイビー・クロケット:春風亭昇太

木賊刈(とくさがり):7代目立川談志、8代目桂文治

虎退治:8代目橘家圓蔵

長崎ぶらぶら節:春風亭正朝

並木駒形:三笑亭笑三

二上がり鞨鼓(にあがりかっこ):3代目三遊亭金馬・4代目三遊亭小圓遊・10代目柳家小三治

俄獅子:9代目入船亭扇橋

野毛山:7代目桂才賀

野崎:8代目桂文楽・初代桂小文治、9代目桂文治など

白鳥の湖:三遊亭白鳥

箱根八里:6代目五街道雲助

鳩ぽっぽ:三遊亭らん丈・立川志らく

万才くずし:2代目橘家蔵之助

藤娘:古今亭志ん五

二ツ巴:3代目三遊亭圓歌

ボタンとリボン:三遊亭小遊三(または『春はうれしや』)

本調子鞨鼓:4代目三遊亭金馬

本調子のっと:5代目鈴々舎馬風

まかしょ:柳家喬太郎

鞠と殿様:林家彦いち

宮さん宮さん:林家木久扇

武蔵名物:10代目桂文治・2代目古今亭圓菊

野球拳:三遊亭右紋・春風亭勢朝

我は海の子:三遊亭歌之介

<<上方落語>>

ああそれなのに:月亭可朝(または『芸者ワルツ』)

相川:桂きん枝

菖蒲浴衣:3代目桂あやめ

石段:前座相当専用

梅は咲いたか:4代目桂福団治

円馬囃子:桂文珍

オクラホマミキサー:笑福亭仁智

勧進帳(舞の相方):2代目露の五郎兵衛

御船(ぎょせん):2代目桂ざこば

外記猿(げきざる):桂吉朝

廓丹前(くるわたんぜん):5代目桂文枝

元禄花見踊り:5代目桂米團治

三下がり鞨鼓(さんさがりかっこ):3代目桂米朝

獅子舞(大阪名物):森乃福郎(初代・2代目とも)

猩々(しょうじょう):3代目桂南光

猩々くずし:3代目笑福亭仁鶴

正札附:4代目林家染丸

新曲浦島:2代目笑福亭松之助

じんじろ:桂雀三郎(または『ヨーデル食べ放題』)

新ラッパ:笑福亭鶴瓶

せり:桂文我(初代・2代目・3代目・4代目とも)

高砂丹前(たかさごたんぜん):6代目笑福亭松喬

抱きしめたい:桂三若(または『レディ・マドンナ』 ともにザ・ビートルズ)

軒簾(のきすだれ):桂三枝・5代目桂文枝(3代目小文枝時代)

野崎:桂春団治(初代・2代目・3代目とも)

春はうれしや:笑福亭鶴光

昼飯(ひるまま):2代目桂枝雀

舟行き:6代目笑福亭松鶴

魔法使いサリー:笑福亭笑瓶

ミッキーマウスマーチ:桂小枝

都囃子:露の都

夫婦万歳:月亭八方

鞠と殿様:桂文福(または『月光仮面』)

薮入:4代目立花家千橘

 <  前の記事 弁当を使う  |  トップページ  |  次の記事 見立て  【お見立て】より  > 


カテゴリー