Top >  古今亭志ん朝の世界 >  親子酒 ~ 金原亭馬生

親子酒 ~ 金原亭馬生

志ん朝の実兄にあたる金原亭馬生もまた稀代の名人のひとりでした。

親子酒。 見事です。

息子を戒めるためにお互いに禁酒を約束したものの、息子の帰りを待つ間に一杯始めてしまい結局泥酔に。

この酔いが深くなってくるところの描写は正に名人芸。

「酔い」の表現は落語家の真骨頂でしょうが、この馬生の芸に並ぶものは少ないでしょうね。

 


 <  前の記事 愛宕山  |  トップページ  |  次の記事 初天神  柳家小三治  > 


カテゴリー