Top >  古今亭志ん朝の世界 >  古今亭志ん生を語る

古今亭志ん生を語る

師匠であり、実父である大名人、志ん生について語っています。 噺の中では語れない素材なのでしょうね。 志ん生の話を枕話に織り交ぜた高座は2つくらいしか聞いた覚えがありません。

名人は他にもあれど、志ん生はわけのわからない話でも「志ん生がそこにいればいい」という客の想いがあったと・・・。 

凄い世界です。

 

 <  前の記事 古今亭志ん朝  |  トップページ  |  次の記事 愛宕山  > 


カテゴリー